少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)
(2007/11/06)
梅田 望夫

商品詳細を見る


3冊目で紹介した「ウェブ進化論」のその後。ウェブ時代を生き抜くための指南書。
羽生善治のウェブの変化の本質に対する概念「学習の高速道路と大渋滞」をキーワードに、大きく2つの道を考える。その大渋滞を苦労して乗り越えていくか、新たな脇道(けものみち)を模索して走り抜けていくか。前者は大きな組織に例えられ、後者は小さな組織に例えられる。結論はどちらの道も険しく、勉強はしなくてはダメというものだが、それ以前に会社の体質や選び方についても教えてくれる。
本書に含まれている内容が私には少々多すぎて消化不良状態だが、また読み返してみたい一冊。おすすめです。

【気になる】
・正しいときに正しい場所にいる
・好きの強度を探る。自分に向けて強い信号を発するものは何かを探る。

『 孤高の挑戦者たち』 今北純一著、日本経済新聞社
『 知的生産の技術』 梅棹忠夫著、岩波新書

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/8-3814d69d

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。