少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日常生活においてニワトリを意識することはあまりないが、食に的を絞った場合、ニワトリを意識せずに過ごすことは非常に困難だ。たとえば鶏卵を食せずに3日でも過ごすことができるだろうか?普通の食生活を送っている限り、極度のアレルギーでもない限り、3日といわず1日でも何らかの形で摂取してしまうだろう。
そんな日常生活に空気の如く入り込んでいるニワトリについてトコトン追求した一冊。

ニワトリ 愛を独り占めにした鳥 (光文社新書)ニワトリ 愛を独り占めにした鳥 (光文社新書)
(2010/02/17)
遠藤秀紀

商品詳細を見る


日本で飼われているニワトリの数はおよそ三億五千万羽。人口の約三倍である。そのうち約二億羽が採卵鶏、一億五千万羽が肉用(いわゆるブロイラー)。ニワトリを目にする機会は少ないが、なかなかの数がこの狭い島国で飼われているものだ。
卵用鶏は年間290個の卵を産む。そして卵用鶏としての寿命は700日。生後160日目から卵を産み続け700日目には殺処分になってしまう。年間一億羽ものニワトリが殺処分にあっている。
これを読んだ瞬間はえっ!?と思ってしまう。この一文を読むだけでは動物愛護団体から即クレームが来そうな話だ。ちなみにニワトリの寿命は15年くらい。それがたった2年ちょっとで殺されてしまうのだ。殺処分となる理由は卵の質が落ちるから。なんとも言えない話だ。
他方、肉用鶏のブロイラーはわずか50日目で殺処分となり、食卓へ並ぶ鶏肉として市場に出荷される。ご、50日ですか?なんと短い寿命か。読んでいて驚愕した。その短い寿命と驚異的な成長力に。

こんなお話しから長いニワトリ話が始まるのだが、のっけから面食らうような話で驚いてしまう。
この後、ニワトリの起源、どのような配合・改良が為されてきたのか、現在のような高度に効率化されたシステムが確立されていったのか、観賞用のニワトリ、矮鶏(チャボ)、軍鶏(シャモ)、名古屋コーチン、地鶏の話、云々と約300ページの紙面、余すことなくニワトリ三昧。

ニワトリにまつわる話に一分でも興味を持った方に激しく推奨します。
う~ん。養鶏場見学に行きたくなってきた。既に私はニワトリの虜。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/367-9039c802

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。