少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年一番。そして、書棚に残しておきたい一冊。

サリンとおはぎ ~扉は開くまで叩き続けろサリンとおはぎ ~扉は開くまで叩き続けろ
(2010/03/09)
さかはら あつし

商品詳細を見る


本書について語る前に帯びに書かれていた文章を掲載。

小学生の頃から勉強一筋。なのに高校をビリで卒業し、共通一次試験は一五〇点。全国模試を受ければブービー賞。要するに子どもの頃からまったくイケてないぼくが、「扉を叩き続けて」四浪で京大に合格。電通に就職したものの、地下鉄サリン事件に巻き込まれて退社。それでも人生を投げることなくMBAをゲットし、さらには夢のアカデミー賞でレッドカーペットの上を歩いてしまった!


この帯を読むだけで読みたくなる。

生と死の紙一重のところを何度も行き来してきた筆者が、時には諦め、時には挫折しながらも、ただひたすらに扉を叩き続けて夢を一つ一つ実現していく物語。

正直ここで書評を書けば書くほど本書の良さを損なう気がする。読んでいる間に多くの感情が押し寄せてきて、それを文章にまとめることができない。
涙する場面も何度かあった。何気ない場面で、とても涙を誘うような場所では無かったと思うのだが、泣けてしまうのだ。泣けるのが良い本とも思わないが、筆者の心境が私の心の琴線に触れたのだろう。そして、引用される言葉の一つ一つもとても重く、考え深いものだった。

本書読んでいえることは、扉はたたき続けなければならない、ということ。何度でも戻ってでも、それを叩き続ける力がある限りは叩いていないといけないんだな。


引用も含めて心に残った言葉を残しておく。

本当にやりたいことに時間を使っていないのなら、どんなに時間を効率的に使っても、根本的に意味はないことなのですよ 『ニューヨークの24時間』(千葉敦子著)

後悔したら、後悔した場所に戻り、そこからやり直す

宗教は人に何を与えてくれるんだろうか?
簡単に言うと、宗教は食べ物と教育を与え続けてきたんだよ


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/365-4d07f01a

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。