少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペニシリンはクシャミが生んだ大発見―医学おもしろ物語25話 (平凡社新書)ペニシリンはクシャミが生んだ大発見―医学おもしろ物語25話 (平凡社新書)
(2010/02)
百島 祐貴

商品詳細を見る


WEの試験も一段落してやっと読書が楽しめる。久しぶりなので比較的ライトなものを、ということで雑学系を選択。

昨年のベスト書籍(エントリ:傷はぜったい消毒するな)と同系列の本です。

まあ医学の進歩のためには大変な労力と犠牲が払われていることに驚く。そして、医学が進歩したのはここ150年くらいであるということにも。
丁度WEの試験で学んだ公衆衛生と重なるような内容も多く、細菌系の話もかなり興味深い。
胃潰瘍の原因菌であるピロリ菌って1983年に発見された割と新しい菌なんですね。しかも発見した人は自らピロリ菌を飲用してその存在を証明したというから驚きです。あと、自分で自分の心臓にカテーテルしちゃう人とか。身内を被験者にしてどんどん感染させちゃう人とか。生を高めるためには、やはり紙一重の部分があるのでしょうか。とんでもない人が次々と現れてきます。

先日骨折をした際に、無痛で手術を実施し、今こうやってキーボードを叩けるのも、先人の研究と犠牲の上に成り立っている医学というもののおかげであるということを改めて実感します。

余談ながら今回のWEの試験で一番勉強していて面白かったのは、実は公衆衛生の範囲だったりする。もやしもんの影響もあるけれど食中毒絡みの内容や、指定感染症の分類や対策など、インフルエンザパンデミックという言葉に畏怖と興奮を覚える、やや屈折している私には興味深い内容の嵐でした。

この分野。もう少し深く知りたいものだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/357-85f71b16

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。