少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨折していたためブログの更新を全くしておりませんでした。
最近やっと動くようになってきたのでぼちぼち活動を再開します。
ま、今月頭くらいからギプスは取れていたので更新はできたんですけどね。
めんどくさかったのです。はい。

ということで再開第一弾は骨折旅行のあらましでも。。。


3月の三連休を利用して(そんなに前だったのか…と改めて思う)北陸旅行を企画し、その第一弾として新潟にてスノボを初体験。
案の定初心者らしくズッコケまくり。でも慣れてくるに従い少しずつスピードが出せるようになり、結構楽しんだ。
そして、これで最後というラストスライドで悲劇は起こった。豪快にズッコケた私は、左腕一本で全体重を支えるという体操選手も真っ青の荒技を披露。


結果。
左手首骨折プランプラーン。。。


即刻スキー場の救護室で応急処置を行う。痛みのあまり意識が混濁する。血の気が引いて吐き気まで催す始末。座っているのも辛く、横になる。そのうちアドレナリンが出ているせいか痛みを感じなくなり、急に眠くなったので少し眠る。10分くらい寝たかな、近所の病院を紹介され治療を受けに。

レントゲンを撮られ、ここで正式に骨折の診断を頂く。
このあと恐ろしかったのが、骨がずれていたため、その場で手を引っ張り上げるとのこと。失神する人もいるらしい。。。ホントはお断りしたかったが、治療とあらばやむを得まい。

二人の助手に体を押さえつけられ、手首を引っ張り上げられる。悲鳴こそあげなかったものの、痛みによるストレスを発散させようと全身が強ばって痙攣寸前。そんな激痛の中で骨が動くのが感じられた。なんともいえない感覚だ。
冷や汗たっぷりだったが、強度のストレスを受けた時に、人間の身体は自然と発散行動をとるということを実感した。痛み自体の強度というのは変わらないから、別の行動を起こすことで痛みを分散させようと脳が頑張っているんだね。特に叫ぶ行為は脳のリミッター解除みたいな効果もあるらしいので、痛みを感じてから最初に叫びたくなるという感覚がきたのも当然か。そこを堪えたので全身に発散場所を求めたのかな。なんてことを三角巾を巻かれながらぼけ~と考えてました。

結局そこの病院でも応急処置しかできず、大きな病院で再度診療を受けなければならない。手術をするかしないかは五分五分で、担当医師の判断次第になると言われ、この先の仕事のことや日常生活のことを考え不安になる。

ということで、北陸旅行は初日お昼にして終了。夜には東京へ強制送還されたのでした。


日・月曜は休日だったので火曜になって地元の病院へ行く。
担当医は若いにいちゃんだったので少し不安になるが、ぼけかけたじいちゃんよりはマシだろうと考え、事情を説明して骨折部位を診てもらったところ、悪魔のやり取りが。


若僧医師:あれ?応急処置してないの?まだ骨がずれているよ
またはち:え?いや、思い切り引っ張られて無理矢理直されましたけど?
医:え?でもずれてるよ?
ま:え?え?
医:あんまりグリグリやられなかった?
ま:いや、泣けるほどグリグリやられましたけど…
医:甘かったんだな~。少し直す必要があるのでやりましょう!
ま:え。グリグリやるんすか?
医:そ。グリグリ(悪の微笑み)
ま:(絶句)
医:痛み止め打つ?(むかつくくらいニヤニヤ)
ま:いや、別にいらないっす。


悪の急展開。
担当医師の「痛み止め打つ?」って聞かれた時の表情がえらい腹立たしかったので、勢いで「いらないっす」宣言。
この若僧かなりのS。ドSであることを瞬時に悟ったのでありました。対する私は、心はドSながら、身体はドM。図らずも平日の真っ昼間から、都内大病院の一室で究極のSMプレイが繰り広げられるのでありました。


ええ。ホントにグリグリとやられました。痛み止め無しで。。。


現地でやられた時はアドレナリンが出てて興奮状態にあったので耐えられましたが、平常心でこの痛みに耐えるのには強い精神力が必要です。全力で泣き叫びたかったけど、若僧医師の笑顔が増すだけなので耐える耐える耐える。


。。。(臨死状態)


プレイが終わった後は全身から汗がどっと噴き出し、痛みから逃れようと喘ぎが収まらず、左腕の痙攣は止まらない状態に。完全に腰が抜けて、起き上がることもままならない。


ドS若僧医師:はい!お疲れ様でした~(満面の笑みで)
ドMまたはち:ゼーハーゼーハー…
S:そんなに痛くなかったでしょ?(笑顔を崩さず)
M:ゼーハーゼーハー…


少し殺意を覚えましたが、これだけの痛みも滅多に経験できないので良しとしました。


骨折して楽しかったことはこれくらいなので、後は経過を簡単に。


その後、別の病院を紹介され、再度診察を受けてMRIなどで詳細を確認したところ橈骨および尺骨遠位端骨折と診断されました。橈骨は損傷が激しいため手術確定。そして4月吉日に手術しました。初の全身麻酔を体験し、手首にはチタンプレートが埋め込まれました。どうせならロケットパンチが撃てるようになりたいんですけど、という要求に対し、担当医はにこりともせずに却下と冷たく言い放ちました。

ギプスは4月下旬に外れ、今は手首が元通りに動かせるようになるようリハビリ中。

ギプスをしている時は、利き腕である左手が完全に使えないのでかなり不便でした。もちろん仕事にも大きな支障が。メールは片手打ちになってしまうので、タイピングスピードが両手を使用する時と比較して半分以下まで落ち込む。
対策として、メール作成時のテンプレートを大幅に変更することに。使用頻度の高い用語は予め埋め込んでおくことにする。これがかなり便利であることに気がつき、両手が使えるようになってからも同じテンプレでメールを作成。骨折前よりメール作成スピードが上がりました。怪我の功名でございます。


まあ、当たり前ですけど骨折はするもんじゃないですね。ギプスで生活している時なんて、毎日が思い通りにいかず憂鬱な気持ちに苛まれておりました。あの時には帰りたくないもんです。

今後は今まで以上に身体に気を遣おうと心に決めたのでありました。(素面の時に限る)

コメント

こんばんは。

手足の骨折は大変ですね。私は腕だけでしたがギプスをしている時はホントに苦痛でした。
いろいろと後悔しそうになることもありましたが、お気楽主義なので深く考えずに乗り切りました(笑)

片手でのPC操作は大変かと思いますが、ちょっと元気が出る動画をご紹介。
http://labaq.com/archives/51455244.html

一刻も早いご回復をお祈りしております。

はじめまして、私も今、右手首と左足首を骨折しています。医者の治療のぐりぐりはとても痛くてたまりませんでした。ギプスをはめる時、悲鳴をあげてしまいました。全治3ヶ月です。車椅子生活しています。ヘルパーサービスを利用しています。お風呂も介助してもらっています。お互い頑張ろうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/346-ace9e8c1

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。