少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中年ドクター宇宙飛行士受験奮戦記中年ドクター宇宙飛行士受験奮戦記
(2000/12)
白崎 修一

商品詳細を見る


あまりにも非現実的で夢にすら描いたことのない宇宙飛行士という職業。近年になって日本からも何人か宇宙へ行っているので(現在はISS[国際宇宙ステーション]で野口さんが活動中)、少し身近に感じるけれど、雲の上の職業というイメージは変わらず。そもそも誰がどうやって選抜しているのかも知りませんでした。

そんな宇宙飛行士試験を体験したという本書は非常に興味深く、タイトルを呼んだ瞬間にジャケ買いしてしまいました。
筆者は最終選考まで残ったメンバー8人の中の1人。残念ながら最終選考で涙をのんだのですが、そこに至るまでの経緯や各試験の内容や雰囲気、宇宙飛行士になるための条件などが、実体験を通してリアルに描かれています。

ISSという壁の外は死の世界に閉じ込められたまま、各国の人たちと何週間も過ごさなくてはならない宇宙飛行士には知識、技能、体力の他に、コミュニケーション能力や強靱な精神力が求められます。さらに、一人の人間を飛ばすためには億単位のお金が必要であり、ISSで体調を崩したからといって、では地球に戻ってきて下さい。というわけにはいかないので、すこぶる健康でなくてはならず、持病はもちろん、過去の手術跡(日常で問題なくても無重力下では問題になってしまう可能性があるため)など些細な部分までみられます。
これらを徹底的な体力試験、心理試験、身体検診によって、洗いざらい調べ上げられます。受ける方も大変ですが、受けさせる方も相当の体力が必要です。読んでいるだけで疲れるような試験ばかり。

試験の内容も面白いですが、その周囲にある受験者達の人間模様もよく描かれていて、宇宙飛行士になるということの大変さと、その崇高さみたいなものを学びました。

夢がなくては宇宙飛行士にはなれないんだと。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/345-bb1fc4a2

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。