少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マグネシウム文明論 (PHP新書)マグネシウム文明論 (PHP新書)
(2009/12/16)
矢部 孝山路 達也

商品詳細を見る


マグネシウムは燃料になる、というのが衝撃でした。
化石燃料はいつか枯渇してしまうため、その代替エネルギーが必要になることは、何十年も前から叫ばれていました。そして数々の案が出され、いくつかは実現・実用化してきました。太陽光発電、地熱発電、風力発電、水力発電、核融合エネルギー、バイオエネルギー、メタンハイドレート…
これらはクリーンエネルギーや新資源という言葉と合わせて未来への希望にみえますが、何れも大きな課題を抱えています。実現化が難しい、というのはこれからの研究次第で何とかなるかもしれませんが、問題なのは得られるエネルギーの絶対量が少ないことや、資源が潤沢ではないこと。今と同じレベルの生活を継続しようと思うと全然足りないのですね。

そんなところに救世主の如く現れたのがマグネシウム。マグネシウムは燃料になるし、さらに燃えかすは再利用でき、再び燃料になる。もちろん、天然のマグネシウムがそのまま使用できるわけではなく、精錬しなければならない。
ここで気をつけなくてはならないのは、いくらマグネシウムが燃料になっても精錬にエネルギーを大量に使うようでは意味がない。例えば、100のエネルギーを得られるマグネシウムを、100のエネルギーで精錬しなければいけないということであれば本末転倒だ。これは再利用にもいえることで、ペットボトルを再利用するためには1本のペットボトルをつくるのと同じ石油を必要とする(らしい)。

そこで読み進めていくと感心するのは、マグネシウムの精錬を太陽光を利用したレーザーでやってしまおうというのだ。これは画期的。エネルギーは0からつくることはできないが、地球は太陽からの無尽蔵ともいえるエネルギーを得ることができる(雲などの遮蔽物が無い時に限りますが)。これを利用して精錬できれば、コストはとても安くなり、化石燃料の代替として十分使えそうだ。

そんな未来のエネルギーの話を存分に楽しませてくれる。実現化にはまだ課題が残されているため、すぐに利用できるわけではないが、近い将来マグネシウムを主力としたエネルギー社会になるかもしれない。

タイトルがやや固いため取っ付きづらいが、エネルギーというものに興味がもてます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/341-98d04d4b

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。