少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)
(2000/12)
ロバート・K. レスラートム シャットマン

商品詳細を見る


「羊たちの沈黙」の影響からか異常犯罪者には天才と紙一重という印象が強い。「羊たち」はフィクションだが、それに類する人間というのは非常に興味深い。副題にもある通り殺人者たちの話しであり、決して興味本位ではいけないと思うのだが、そこをのぞきこみたい欲求というのは押さえようがないのではないか。

そんな興味から本書に手を出した私を見透かしたかのようなメッセージが扉に記されている。

怪物と闘う者は、その過程で自分自身も怪物になることがないよう、気をつけねばならない。深淵をのぞきこむとき、その深淵もこちらを見つめているのだ。 (フリードリッヒ・ニーチェ)


本書の内容自体はプロファイリングをメインとして、心理分析などそれなりに面白いが、思ったより突っ込んだ内容ではなく表面をさらったような感じ。どちらかというと、このニーチェの言葉を再認識できただけでもよかった。

怪物は誰なのか、自分であるような気がしてならない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/314-38e656d5

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。