少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Step1のクラス生だったU夫妻のワイン会にご招待を頂き行ってきました。
今回は1ヶ月以上前からワインや料理の準備をして、メニューやワインリストを事前に用意しての開催となりました。私もワイン選びやメニュー作りのお手伝いをしてきたので、開催が待ち遠しくもあり、また皆さんに満足頂けるか緊張もありました。

当日はちょっと早めに行って段取りをご相談することに。ご訪問すると既にグラスや食器が綺麗にセッティングされていました。

素敵なダイニング


この光景を見ただけで今日のワイン会が素晴らしいものになるであろうということを予感させます。
今回のワイン会のコンセプトは「3種飲み比べ」ということもありグラスが3脚用意されています。参加者は総勢10名だったのですが、それだけのグラスがあることも驚きでした。う~ん憧れてしまいます。


乾杯はもちろん泡から!ということでシャンパーニュ3種飲み比べです。

Franck Bonville Grand Cru Brut Selection NV
【Franck Bonville Grand Cru Brut Selection NV / フランク・ボンヴィル グラン・クリュ・ブリュット・セレクション】
こちらはブラン・ド・ブラン。

Gatinois Gran Cru Ay Brut NV
【Gatinois Gran Cru Ay Brut NV / ガティノワ グラン・クリュ・アイ・ブリュット】
こちらはブラン・ド・ノワール。

Domaine Charlier et Fils Prestige Rose Brut NV
【Domaine Charlier et Fils Prestige Rose Brut NV / ドメーヌ・シャルリエ・エ・フィス プレスティージュ・ロゼ・ブリュット】
そしてこちらはセニエ法によるロゼ。

Domaine Charlier et Fils Prestige Rose Brut NV_2
通常のブレンドで造られるロゼよりも少し鮮やかな印象の赤色です。

グラスに注いだ写真をうっかり撮り忘れてしまいましたが、それぞれ比較すると色の違いがはっきり分かりました。なかなかシャンパーニュを比較試飲することは無いので貴重(贅沢?)な体験でした。


続いては白3種飲み比べです。
セパージュをシャルドネに絞り、米仏豪から代表を選出しました。

Clos Pegase Chardonnay
【Clos Pegase Chardonnay "Hommage" 2006 / クロ・ペガス シャルドネ "オマージュ"】
こちらは米国代表。

Leeuwin Estate Art Series Chardonnay 2004
【Leeuwin Estate Art Series Chardonnay 2004 / ルーウィン・エステート アートシリーズ・シャルドネ】
こちらは豪州代表。ワイン会でオーストラリア産を飲むのは初めてかな。

Puligny-Montrachet 1er Cru
【Puligny-Montrachet 1er Cru "Champ Gain" 2005 / ピュリニー・モンラッシェ 1er Cru "シャン・ガン"】
そしてフランスからはピュリニー・モンラッシェの登場です。シャサーニュは以前に飲んだことがありますがピュリニーは初です。

比較試飲の結果はといいますと。。。細かいところの記憶が既にありません(相変わらずです)。やっぱりメモを取らないとダメだな~。

覚えているのがピュリニー・モンラッシェで、米豪と比較すると樽香の雰囲気がちょっと上品な感じで、スワリングしている段階ではそんなに強く主張してこないけど、口に含むと爆発するように強く香ってくるような印象。そのためか余韻も長く感じられる。ルーウィン・エステートも似たような雰囲気はもっているんだけど、主張がやや強くてシンプルに感じてしまうかな。好みが分かれるところですが、何れも美味しいワインでございました。

奥様の手料理を美味しく頂きながら、酔いも手伝って次の赤に向けてテンションも上がって参りました。


さて、続いての赤3種飲み比べは、セパージュをピノ・ノワールに絞って同じく米仏豪から代表を選出しました。

Drew Pinot Noir
【Drew Pinot Noir "McDougall Ranch Vineyard" 2007 / ドリュー ピノ・ノワール "マクドゥーガル・ランチ・ヴィンヤード"】
まずは米国代表。

Coldstream Hills Reserve Pinot Noir 2006
【Coldstream Hills Reserve Pinot Noir 2006 / コールドストリーム・ヒルズ リザーブ・ピノ・ノワール】
こちらは豪州代表。オーストラリアのロマネ・コンティとも呼ばれているものです。

Gebrey-Chambertin 1er Cru
【Gebrey-Chambertin 1er Cru "Le Poissenot" 2003 / ジュヴレ・シャンベルタン 1er Cru "ル・ポワスノ"】
フランスからはジュヴレ・シャンベルタン1erCruの登場です。

既に6杯以上飲んでいるため、もちろん記憶が曖昧です。
ジュヴレ・シャンベルタンは言うに及ばずなのですが、オーストラリアのクオリティが意外に高かった(失礼を承知で)ので驚きました。思い切り偏見ですが、新世界(カリフォルニアは別ですが)のピノはまだ未熟な印象を持っていて酸っぱいものや、樽香ばかりのものしかないと思っていました。さすがロマネ・コンティと呼ばれるだけはありますね。

余談ですが、これでスペインとオーストラリアのロマネ・コンティを飲んだことになります。ホンモノを飲むのはいつかな?

さてさて、ここで今回のワイン会のメインでもあります炭火焼肉の開始です。
U氏のご推薦、広尾「牛の蔵」から取り寄せた極上牛肉を、水コンロで焼いて頂きました。このお肉がまた柔らかくて美味しかった。
私は焼肉係なのでバルコニーに出て、グラス片手に空を見上げながらワインを堪能(ちゃんとお肉を焼きましょう)。やっぱり開放的な空間は最高だ。シガーまで頂いてしまい心ゆくまで楽しんでしまいました。

焼肉開始に合わせてオーストラリアワイン3種飲み比べが待ち構えておりましたが、予想よりもワインの進みがよかったため、急遽U氏のセラーよりワインのご提供を頂きました。

Cremant de Bourgogne Rose Blanc de Noir NV
【Cremant de Bourgogne Rose Blanc de Noir NV / クレマン・ド・ブルゴーニュ ロゼ ブラン・ド・ノワール】

Cremant de Bourgogne Blanc de Blancs NV
【Cremant de Bourgogne Blanc de Blancs NV / クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン】

天地人でお馴染みの仲田氏によるシャンパーニュ方式で造られたクレマン。ほとんど味の記憶が残っておりませんが、ちょっと飲み疲れしているところにスパークリングは喉に心地良かったです。


それでは本題のオーストラリア3種飲み比べに行きましょう!といきたいところですが、エチケットの写真を撮り忘れるという失態。銘柄のみでのご紹介になります。そんな状態なのでもちろん味の記憶はございません。

【Peter Lehmann Black Queen Sparkling Shiraz 2001 / ピーター・レーマン ブラック・クイーン・スパークリング・シラーズ】
【Penfolds Cabernet Sauvignon BIN407 2004 / ペンフォールド カベルネ・ソーヴィニヨン BIN407】
【Penfolds Cabernet Shiraz BIN389 2004 / ペンフォ-ルド カベルネ・シラ-ズ BIN389】


さ、ここまでに飲んだワインはなんと14種類!16時の開始でしたが既に24時近く。ということでそろそろ〆のワインに参りましょう。
記念すべき15本目のワインは、お約束の甘口ワイン。ソーテルヌの登場です。

Chateau de Malle 2001
【Chateau de Malle 2001 / シャトー・ド・マル】

あれ?どっかで見たことありますね。
そうです、先日の懸賞ワイン会でGetしたワインでございます。成城石井様からの贈り物を〆ワインとして頂きました。
まだ熟成期間が短かったせいか、そこまで複雑みは感じられませんでしたが、濃厚な味わいと独特の甘味が美味しかった。甘口ワインはそんなに飲むものではないので、今回のように10人くらいのワイン会でないとなかなか開けられないのでよかったです。


史上最大本数を飲み尽くしたワイン会もこれにて終了。

兵どもが
お約束の、兵どもが夢のあと。。。シャンパーニュのボトルが無いかな。


事前の準備と、素晴らしい場所を提供頂いたU夫妻のご尽力により、美味しい楽しい嬉しいワイン会となりました。サブ幹事として微力ながらお手伝いをしたこともあり、私自身準備からお片付けまで楽しんじゃいました。
今までの教訓が生かされておらず、お料理の写真を撮り忘れてしまいましたが、奥様の手料理の数々も綺麗に彩られていて、味も素晴らしかったです。特にスペアリブのトマトソース煮が最高でした(ああ、何故写真を撮っておかなかったのか)。


お店でのワイン会と違い、自由なスタイルで楽しめるホームワイン会もまた良いものです。準備などホスト側は色々大変ですけれど、その過程まで楽しんじゃえ的なノリでいければ、みんなハッピーな素敵なワイン会になるのではないかな(ゲスト側の勝手な言い分ですが)。

う~ん、ワインって美味しいだけじゃなくて、なんて楽しいものなのでしょう。Step1の方々との繋がりは半年足らず。でも毎月何回かワイン会をして、飲んで、はしゃいでる気がします。まだまだワインの世界には足を踏み入れたばかり。これからさらに奥深い世界に入って行けるかは分かりませんが、今回のような素敵なワイン会をたくさん企画していきたいものです。勉強になったのは、やはり何かしらテーマを決めた方が盛り上がって楽しめますね。特に受験対策講座やStep2に進まれている方も多かったので、コメントなども皆それぞれで面白かったです。私も勉強を怠らずに精進するようにしよう。

ちなみに今年の受験は諦めてしまいましたが。。。
来年っすね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/283-ca13cf5e

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。