少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近2週間に一度はコンニチハしてるむらお氏が新天地に栄転するということで記念ワイン会を開催(7月末の出来事でした)。場所は六本木にある「Half Moon」。この界隈に疎い私としては六本木というだけで心ウキウキ。あと麻布とか青山、赤坂も心ウキウキ。特に西麻布はVinobleRUBYと何れも美味しいワインを頂いた記憶が。思い返してみるとちょっと懐かしい。

しかしながら、そんなウキウキ気分とは裏腹に仕事が終わらず、19:30開始だったけど22:30からの参戦となってしまいました。既に皆様できあがり気味だったので、ちょっと追いつこうかとがぶ飲みモードにシフト!…しようかと思ったら私の到着待ちワインがあるとのこと。

それがこちら↓↓

Krug Grande Cuvee N.V
【Krug Grande Cuvee N.V】

おお!!
シャンパーニュの皇帝ことKRUG様ではありませんか。前回のワイン会にてモエちゃんを持ってきた、蔵からワインのピロシキ姫よりのご提供。「安く手に入ったんですよ~」と謙遜あそばしておられましたが、いやいや決して安くはないですよ。思わぬ高級シャンパーニュの登場にテンションも上がって参りました。

グラスに注いでいる間にも香りが溢れてきて、場全体が華やかになるようでした。
淡い黄金色はシャンパーニュにしてはちょっと濃いめの印象。味わいは爽快というわけではなく濃厚。果実味に溢れていて、口の中で味わいが変化するような複雑さもありました。味の方向性としては先日のモエ・シャン2003と似ているかな。この2本を飲んでからというもの、今まで爽快さを求めていたシャンパーニュに、コクのような深みがあることを知りました。

ワインスクールに行ってから初めて飲んだシャンパーニュですが、それなりにかなりの種類を飲んでいるので、ちょっと知ったような気になっていましたが、まだまだ奥が深い。まあ、まだサロンもクリスタルもルイ・ロデレールも飲んでいないひよっこがシャンパーニュについて何をかいわんや、ですが。


さて、豪華にKrugで乾杯して次のワインはといいますと、ソムリエにボルドーのお薦めを何本か持ってきて頂き、コスパが高そうなこちらをチョイス!

Les Pagodes de Cos 1998
【Les Pagodes de Cos 1998 / レ・パゴド・ド・コス】

メドック格付け2級シャトー コス・デストゥルネルのセカンドです。ファーストもさることながらセカンドも舌噛みそうな銘柄です。
グラスに注いでみると'98とは思えない濃い色で驚きました。まだ熟成途上なのかな。香りは力強く、カシスなどの果実香に加え、なめし革や湿った土が入り交じった複雑な印象。味わいもしっかりしたタンニンと酸味がバランスよく感じられ、長い余韻を楽しむことができました。

このあたりで終電時刻も近づいてきたので終了~。このまま解散かと思いきやラーメンを食べようということになり、一風堂で〆ラーをしたのでした。

途中参加ながら美味しいワインを頂き幸せいっぱい。仕事で疲れた心身を癒す楽しいワイン会でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/281-14584317

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。