少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はStep1のワイン友達のご招待でティファニーのプラチナ&ダイアモンドのイベントに行って参りました。私の如き庶民が滅多に行けるイベントではないので、ちょっとおめかししてスーツを着用。
場所は丸の内にある明治生命館にある「センチュリーコート丸の内」というレストラン。エントランスを入るとでっかいティファニー・ブルー・ボックス(ティファニー・ブルーの箱に白いリボン)が積んである。後で知ったがティファニーのカンパニーカラーはティファニー・ブルー(商標登録)と呼ばれるのですね。1853年に採用されたみたいですが、当時にブランディングという発想が一般的だったとも思えないので、ブランドカラーを設定したティファニーさんはマーケティングにも優れた人だったのでしょう。
会場は結構人が多く混雑していました。レストランの一部にショーケースが設けられ、ジュエリーがディスプレイされている。ダイアモンドの指輪が多かったが、やはり大粒のものになると輝きが違う。ずっと眺めていたくなるような様々な光が中に溢れていて、角度を変える毎に輝きが変わる。素晴らしい。特に奥行きのあるようなものになると、鳥肌が立つような綺麗さ。
学生時分に鉱物を勉強していた時の記憶を辿り、ダイアモンドは屈折率が非常に高く、外から入った光が内部で全反射して出て行くから綺麗に輝くのだということを思い出す。ついでにWikiでカットの仕方も勉強。ブリリアント・カットというのがあって、58面体にカットし、上部から入った光が内部で全反射してまた上部から出て行くらしい。なんて素晴らしいのでしょう。幾何学の粋を集めたような芸術作品だ。確かに、真上から見た時が一番綺麗に見えたことを思い出す。もうちょっと勉強してから行けば良かった。滅多に見られないのでちょっと後悔。
会場ではシャンパンが振る舞われており、しっかり2杯頂きました。銘柄は失念しましたがRMものだったと思います。シャルドネっぽい感じが強く爽やか。美味しく頂きました。

会場を後にし、17時から開催予定のStep1のワイン会に向かおうかと思いましたが、15時過ぎで時間がちょっとあったので、近所にあるバカラ(トランプじゃないよ)の「B bar」に行ってみることに。しかし16時開店のため、時間を潰すためにヴィノスやまざき有楽町店のテイスティングバーでシャンパン一杯飲んで再訪。

バカラのジュエリー、アクセサリー、ホームウェアに囲まれたシックなバーで、内装のデザインが素晴らしい。長いバーカウンターも奥行きがあり、カウンターの材質やイスのデザイン、色など、どこも抜かりなく気を遣われているのが分かる。奥には豪華なシャンデリアが腰くらいの高さに吊られており、床がガラス張りのため上から見下ろすと鏡に反射したシャンデリアを見ることができる。これが、妖艶というかおぞましく、吸い込まれていってしまいそうな背筋が寒くなる不思議な光景でした。
バカラのカンパニー・カラーに赤紫色があり(カラーが今日のテーマですね)、そのシャンデリアも透明なクリスタルガラスの中で一つのパーツだけ赤紫色のものが含まれて構成されている。それがなんか眼のような感じがして、不気味さに拍車をかけているようでした。時間をかけてもう一度じっくり見てみたいシャンデリアですね。

ここでもシャンパンを注文しました。さて、問題はどのグラスで飲むかということです。全てバカラのグラスで楽しむことのできるので、何種類か見させてもらいましたが、どれも気になる。結局バーテンダーのお薦めにすることにしました。気さくなバーテンダーのバカラに関する色々なお話しを聞きながら、ここでも美味しいシャンパンを頂きました。

さてさて、ちょっと長居してしまったので遅刻しながらワイン会に参加です。場所は目黒にある「キッチン・セロ」。既に4杯のシャンパンを飲んでいるためやや酔い気味のスタートです。念のためウコンの力注入。
乾杯はスペインらしくカヴァ。そしてお次はクラスの方に持ち込んで頂いたシャンパーニュ。3杯目からはお店にあるワインを店長の方とご相談しながら、オーストリーのワインがあったので迷うことなく決定。初オーストリーは。。。味の記憶無し。美味しかったのは何となく覚えてます。こんなに早い段階で記憶が曖昧とは、この後が不安に。。。
お次のワインは先日の懸賞ワイン会で、見事エシェゾーを射止めた方からの持ち込みです。

Echezeaux Grand Cru Vaucher Pere 2000
【Echezeaux Grand Cru 2000】

初エシェゾーです。ドメーヌはVaucher Pereって人なのかな?
やや曖昧になりつつある記憶の中でも、この味はしっかり残っていました。赤系ベリーの香りと共に、バラのような花の香りがグラスいっぱいに溢れています。湿った土っぽい感じやスパイスもあるのですが、この華やかさはすごい。以前に飲んだヴォーヌ・ロマネでも似たような印象がありましたが、これは別格。味わいも酸味と穏やかなタンニンがバランス良く、今まで飲んだブルゴーニュの中でも突出している気がします。

ここで、本日のワイン会のメインイベントに。当日は7月4日のアメリカの独立記念日、ということで「Independentなワイン会」というテーマを設定しておりましたが(特に意味はなし)、裏テーマとして、この度就職が決定したむらお氏のお祝いを設定しておりました。そこでワインをプレゼントすることに。
ちょっと驚かれておりましたが、喜んで頂き良かったです。ちなみに贈ったワインはボルドーの「星の王子様」。

その後何本かボトルを入れたと思いますが、ほとんど記憶無し。血液型や占いの話になり、疑似科学完全否定主義の私は全力で血液型非公開に。ま、別に公開してもいいんですけどね。。。頑なに非公開に徹したので、参加した皆様に不快な思いをさせていたらごめんなさいです。

さてさて、久しぶりに飲みまくった私は、終電もしっかり乗り過ごし、駅からタクシーで帰ろうと思い、椅子に座って待っていました。

・・・ところが気がつくと午前4時。
え!?寝てた??

そうです。タクシー乗り場の近所ですっかり寝込んでおりました。周囲は明るいし、起きた時は何が起こっているのか分かりませんでした。

そしてそして、とても恐ろしいことが発覚しました。


お財布がありませ~ん(泣)


どこかで紛失したか寝ている時に盗られたか定かではありませんが、過去最大級の酔っ払い被害。
本日は警察に届け出たり、カードを止めたりと散々な一日でした。財布は今年買ったばかりだったのに。ビックのポイントもたくさん貯まっていたのに。何より現金が一級シャトーの飲み頃ボトルが買えるくらい入っておりました。。。ショックが大きかったため今日一日は呆然と過ごしました。
学生時分に洗い出していたはずの酔っ払った時の失敗がここで再燃するとは。

飲み過ぎ注意ですね。猛省猛省です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/268-95fff1f0

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。