少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のブルゴーニュ会に引き続き、ボルドー会に参加してきました。

今回のワインリストは以下の通りです。

①2006 Ch.Jeanguillon / Entre-Deux-Mers
②2003 Pavillon Blanc du Ch.Margaux / AC Bordeaux
③2006 Clos Floridenene Blanc / Graves
④2005 Bad Boy Thunevin / AC Bordeaux
⑤2005 Ch.Moulin de L'Esperance / Premieres Cotes de Blaye
⑥1996 Ch.Fleur Merigot / Cotes de Bourg
⑦2000 Ch.Jeandeman / Fronsac
⑧1999 Ch.Latour a Pomerol / Pomerol
⑨2004 Ch.Figeac / St-Emilion
⑩2004 Ch.Puygueraud / Cotes de Francs
⑪2004 Poupille / Cotes de Castillon
⑫2004 Ch.L'Enclos Classique / Sainte Foy Bordeaux
⑬2002 Ch.Potensac / Medoc
⑭1998 La Dame de Montrose / St-Estephe
⑮2000 Les Forts de Latour / Pauillac
⑯1997 Ch.Langoa Barton / St-Julian
⑰1976 Ch.Margaux / Margaux
⑱1999 Ch.Camensac / Saint-Laurent(Haut-Medoc)
⑲2004 Domaine de Chevalier Rouge / Pesac-Leognan
⑳1998 Ch.Climens / Barsac

全部で20種類。もちろん全て完飲!と言いたいところですが、⑳の甘口ワインは最後に飲もうと後回しにていたら空になっておりました。。。残念。

今回もコメントを取っていたのですが、途中で仕事の電話が入ったり、メールを打ったりしなければならず5杯目くらいからノーコメントに。でも目玉である⑰はしっかりコメントを残しました。

⑰1976 Ch.Margaux / Margaux
今宵、人生初の5大シャトーはマルゴーに決定致しました。
色はリムが完全にオレンジに移行しており、全体的にレンガ色に近い。CSなどの色素の強い感じは抜けて、まさに夕陽のような印象。
香りはやや弱めながら複雑で、クランベリーやブルーベリーのようなアロマよりも熟成香が顕著。なめし革、湿った土、腐葉土、トリュフ、スパイシー、バラの花のような香りが複雑に入り交じっております。これだけで何分かかったことでしょうか。心は神の雫バリにワインを求めています。
さてさてお味の方はいいますと、やや強めの酸味と穏やかなタンニン。香り同様複雑な味わいが口中に溢れる感じです。でも、それは舌の上で楽しんでいるうちに短時間で儚く消えて行ってしまいました。もう一口飲んでみる。先ほどと同様華やかな感じが広がり、儚く消えていく。
結論としては、コメントが非常に難しいワインでした。香りの複雑さなどは今まで飲んだワインとは違う印象を放っていましたが、力強さをあまり感じられませんでした。勝手に力強いワインを想像していたのでそのギャップが大きかったのかもしれません。この繊細な味わいを深く理解できるほど私の舌はまだ成熟していない気がします。決して分かりやすい味わいではありませんでした。
正直飲んだときはちょっと拍子抜けしてしまいましたが、今改めてあの味わいを思い返してみるともう一度飲んでみたいという衝動に駆られます。拍子抜けはしたけれど、あの味わいは他のワインにはないものだったのですね。
疑問符たくさんの一杯でしたが、マルゴーを飲んだということと、新しい感覚の味わいを知ることができたということで、私のワインライフにとって一つのマイルストーンになる夜になりました。
次に80~90年代のマルゴーを飲むことがあったときに、新しいワインの世界が見えてきそうです。今の時点ではまだ世界は見えていません。却って今までより暗くなってしまってよく見えなくなっています。(ちょっと大袈裟か)
ワインの世界は、多くの優良ワインをどれだけ掘り下げられるかである、ということがよく言われますが、その意味が少し分かった気がします。

この夜以来、ネットでマルゴーの商品ページばかりを眺めています。マルゴーが変に身近に感じられるようになったからかもしれません。価格を見てあっさり現実世界に引き戻されるのですが、'90マルゴーとかすごく飲んでみたい。。。
いやはや、しっかりマルゴーに取り憑かれている自分にびっくりです。


ちなみに、個人的に一番美味しかったワインはこちら↓↓
⑮2000 Les Forts de Latour / Pauillac

かの1級シャトー、ラトゥールのセカンドワイン。最後の方でほんの一口しか味わえませんでしたが、香り高く、複雑で、そしてなにより力みなぎる素晴らしいワインでした。
残念ながらコメントを書き忘れ、詳細は脳味噌の奥深くに仕舞い込まれてしまいました。もう一回飲んだときにしっかり引き出せるかな?


隣席でお話しした方々も同業の方や、ミュージシャンの方、社長さんなんかもいらっしゃり、ワイン以外にも様々なお話しを伺うことができました。

いや~、ワインってほんとに素敵なお酒ですね。ますます惚れました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/250-f0961743

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。