少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
座右のニーチェ (光文社新書)座右のニーチェ (光文社新書)
(2008/06/17)
齋藤孝

商品詳細を見る


先日読んだ『座右のゲーテ』が非常に面白かったため、続編?のニーチェも読んでみることに。前著と同じく、ニーチェの言葉を取り出し、それについての意味や著者の見解が述べられている。
もちろん、にわか読書野郎の私はニーチェについて、名前は知っているけれど読んだことはない、詩人なのか小説家なのかも知らない。ただ『ツァラトゥストラ』は交響詩にあるので知ってた。

著者はニーチェを「毎日に効く思想を唱えた人」と言い切る。確かに、読み進めていくとニーチェは常に前を向いていて、立ち止まったり後ろを向いている人は痛烈に批判する。そして、人生の歩み方について言葉の端々からそれとなく語っている。それがまた深い。
恐らく私が原書を読んでいても気が付かないと思う。著者がその一語一語を拾い上げ、そして注釈を加えることによって、何気ない文章の中に込めた思いというものが伝わってくる。

本書を読んで『ツァラトゥストラ』を読まないわけにはいかない。そして再びamazonへ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/209-c394429c

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。