少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は日曜恒例ワインスクールでした。
今日はどんなワインが飲めるかな(不純です)、と思いながら意気揚々と足を運びます。

1コマ目は高級白ワインについて。
先日学んだ白ワインの造り方から発展して、美味しい(高級な)白ワインはどのような条件で造られるのか?というところにスポットをあてた内容。気候条件もさることながら、剪定や土壌などの条件を学びました。

お楽しみのテイスティングは、主要3品種を比較するために、1品種2種類ずつ飲み比べ。ムルソーなどを楽しみました。でも、白は香りや味わいがとりづらく、なかなかテイスティングコメントを書くことができませんでした。
スクールに通い始めて白を飲む機会が増えましたが、赤に比べてハズレが少なくて、安定して楽しめそうな感じがします。今度からワイン屋に行ったら眺めるだけでもみるようにしよう。


2コマ目は赤ワインについて。
白ワインとの醸造方法の違い、発酵方法の特徴などを勉強しました。本などで普通に出てくる用語、マセラシオン、ピジャージュなどの意味を知ることができたので満足。あとマロラクティック発酵について、詳しく知ることができた。どの本にも出てくるけど、今ひとつよく分からなかったので勉強になりました。

テイスティングは、主要6品種の飲み比べ。ガメ、ピノ・ノワール、シラー、カベルネ・フラン、グルナッシュ、メルローを試飲しました。ピノはメルキュレイ村、メルロはシャトー・プピーユと、飲んでみたかった赤を飲むことができて良かった。
赤は白と比して香りや味わいがとりやすくて、テイスティングコメントがすらすら出てくる。飲んでてもやっぱり美味しいなと思う。特にピノは複雑であればあるほどドキドキする。魅力的な品種ですよね。


今日は、先週酔っ払ってしまった教訓を生かし、基本はワインを口に含んで吐き出すようにしました(でも高いワインは飲んでしまいます)。勿体ないとは思うのですが、酔っ払うと集中力が低下してしまいますので。。。でも、当初吐き出したら味わいが分からないのではないかと思いましたが、そんなことはなく、口に含んで舌の上を転がすだけで味わいやら余韻というのは分かるものですね。

ワインスクールならではのことですが、新しい発見でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/117-0f5cc82f

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。