少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Insignum 2004

【銘柄】Insignum Zeltinger Himmelreich Spatlese 2004
/ インシグナム・ツエルティンガー ヒンメルライヒ・シュペートレーゼ 2004
【種類】Weiss / 白
【原産地】Mosel-Saar-Ruwer (Q.b.A) / モーゼル・ザール・ルーヴァー (Q.b.A)
【生産者】Zeltinger Himmelreich / ツエルティンガー ヒンメルライヒ
【地域(国)】Mosel-Saar-Ruwer (Deutsch) / モーゼル・ザール・ルーヴァー (ドイツ)
【購入価格】\0(おまけ)
【購入店】ヴァンサンテ 上野毛
【購入日】 2009/1/4
【評価】★★☆☆☆
【コメント】新年セールで5,000円以上お買い上げで一本プレゼントというもの。楽天で価格を調べたら1000円以上。これは儲けもの。

しかし舌を噛みそうな長い名前。ドイツワインが売れない理由に、名前が長すぎてレストランでスマートに注文できないため敬遠される、というのを聞いたことがあるが納得。

ドイツといえば白。そしてセパージュはリースリング100%。何やら昨日のワインスクールのおさらいのような。。。

色は緑がかったツヤのあるレモンイエロー。香りは洋ナシ、リンゴ、白い花。(ここら辺スクールの受け売りのセリフです)味わいは果実実が豊かな甘口で後味スッキリ。ちょっと甘すぎて何と合わせればよいのか迷ってしまうくらい。デザートに近い。
食事のお供に、っていうわけにはいかないが(ちなみに店員さんはお節と合わせると美味しいかもと言っていた)食後に数人で飲むのに向いていると思う。癒し系の一本。

コメント

なるほどね!レストランでもワインリストを頼んでも確かにドイツワインが載っていたことがないです・・・。もちろんたいていの場合、レストランはフレンチかイタリアン・・。お料理とマリアージュするのにいきなりドイツワインがありえないのもわかりますが・・・。
 リースリングはドイツの代名詞ですが、わたしはドイツワインは和食にあわせます。
 鍋やおでんに常温ドイツワイン、甘め中心ですが、その中でも辛口のドイツワインは鍋系煮込み系の和食にマリアージュします!お試しあれ!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donmatahachi.blog21.fc2.com/tb.php/110-59e7dbe6

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。