少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡
(2007/12/17)
林 信行

商品詳細を見る


書店でこの本を取った自分に感謝。それほど衝撃的でした。

アップルと共に数奇な人生を歩む「異常なカリスマ」スティーブ・ジョブズの半生を、写真とエピソードで綴る、さながら写真集な一冊。というかほぼ写真集。

文章量、情報量のどちらを取っても大した量では無いが、数々のエピソードと共に散りばめられている名言がストレートに心に訴えてくる。量よりも質が高い内容。(情報だけならwikiを読んだ方が得られるものは多いと思われる)
本書はスティーブ・ジョブズファンのみならず、彼のことを知りたい人、アップルのことを知りたい人向けでもある。また、彼のことを知らない人が読んでも衝撃的なものになるでしょう。
私自身、去年の末くらいに、かの有名なスタンフォード大学でのスピーチを聞いてスティーブ・ジョブズに惹かれたばかりの、にわかファンみたいなものですが、改めて彼の偉大さがわかりました。もう完全にやられました。ベタ惚れです。

名言も沢山ありましたので、一つ気に入ったのを記載しておきます。彼の言葉ではありませんが、立ち読みしていてこの言葉が目に飛び込んできて、購入を即決しました。


「私が目指すのは球が向かう先であって、それがあった場所ではない」

(2007年/iPhoneを発表したエキスポの基調講演 アイスホッケー選手のウェイン・グレツキーの言葉を引用して)

スポンサーサイト
MADE IN JAPAN(メイド・イン・ジャパン)―わが体験的国際戦略 (朝日文庫)MADE IN JAPAN(メイド・イン・ジャパン)―わが体験的国際戦略 (朝日文庫)
(1990/01)
盛田 昭夫エドウィン ラインゴールド

商品詳細を見る


新年早々伝記三昧。ホンダ、松下ときたら次はソニー。ということで盛田昭夫さんの登場です。井深大さんは次の機会に。
本書は盛田昭夫が外国人向けに英語で書いた本を日本語に訳したものというちょっと変わったものです。だから日本語訳者が名を連ねています。
構成は生い立ち、ソニー創業、世界への挑戦、経営論、日本と世界、と盛り沢山。世界への挑戦あたりまで楽しく読めたのですが、経営論あたりから内容が濃くなり、私は消化不良に陥りました。経営者の話はまだまだ早いのかな~。
ただ、まだ日本製品の信頼性が無い時代に海外で莫大な売上をあげた手法や、ウォークマンの着想の話など、今の私にも役立つ話が多く、営業戦略という意味で参考になりました。

経営に終わりはない (文春文庫)経営に終わりはない (文春文庫)
(1998/07)
藤沢 武夫

商品詳細を見る


本田宗一郎の片腕、藤沢武夫が自らの経営哲学を綴った一冊。
四輪車制作で当時隆盛を極めたトヨタや日産の逆を行く戦略をとったり、需要のある欧州や東南アジアではなくアメリカへ二輪車の輸出をしたり、と一見無茶に思える策を打ち出したその理由や、当時の心境が描かれている。
本田宗一郎のみがクローズアップされがちだが、帯にもあるとおり「陰の功労者」としてホンダを支えてきたその経営術は学ぶところが多い。

【気になる】
・たいまつは自分で持て

俺の考え (新潮文庫)俺の考え (新潮文庫)
(1996/04)
本田 宗一郎

商品詳細を見る


松下幸之助に続き本田宗一郎。「私の履歴書」で連載されていた『 本田宗一郎 夢を力に』は以前読んだことがあるので、今回はもうちょっと深くそのお考えを教えて頂こうと思い購入。本田宗一郎といえば技術屋のイメージが強いが、技術以外の分野についても造詣が深いことがよく分かる。ちょっとオレ流的な考えではあるが、その一つ一つについて論理的に展開しており、独自の哲学を展開している。語り口が面白いためか独創的なためかどんどん引き込まれてしまう。どんな仕事でも自分の哲学を持って取り組んでいかなければならないなと実感。

松下幸之助 夢を育てる―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)松下幸之助 夢を育てる―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
(2001/11)
松下 幸之助

商品詳細を見る


無性に成功者の本が読みたくなり購入。名前は当然知ってるし、何をした人かも知ってる。でも、その裏には何があって何をどうしたのか。実はあんまり知らなかった。。。
幼い頃の苦労話に始まり、松下電器の創業当時、フィリップス社やビクター社の話、週休二日制の導入。。。そして随所に記載されている経営哲学。なるほどと思いながら読み進めたが私には少し早い話だったかな。

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。