少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bodegas Olivares Panarroz 2006

【銘柄】Bodegas Olivares Panarroz 2006 / ボデガス・オリバーレス パナロス 2006
【種類】Tinto / 赤
【原産地】Jumillia / フミリア
【生産者】Bodegas Olivares / ボデガス・オリバーレス
【地域(国)】Levante (Espana) / レバンテ (スペイン)
【品種】モナストレル100%
【購入価格】\1,783(単品価格\1,235)
【購入店】WINEHOLIC
【購入日】 2009/4/25
【評価】★★☆☆☆
【コメント】WINEHOLIC10,000円6本セットの2本目。前回のワインが残念な結果だったのでリベンジに期待。

モナストレルとは聞いたことが品種。スペインの地中海地方、レバンテ地域で生産が盛んのようです。ガーネット色で熟した感じの黒系ベリーの香りと土っぽいニュアンスが少しだけある。酸味がやや高く果実味に溢れていて美味しい。
今回の6本セットで最安値だけれどそれなりに楽しめる。
スポンサーサイト
Eaglehawk Chardonnay 2007

【銘柄】Eaglehawk Chardonnay 2007 / イーグルホーク シャルドネ 2007
【種類】White / 白
【原産地】-
【生産者】Wolf Blass / ウルフ・ブラス
【地域(国)】- (Australia) / - (オーストラリア)
【品種】シャルドネ85%以上
【購入価格】?
【購入店】?
【購入日】 2009/4
【評価】★★☆☆☆
【コメント】冷蔵庫に入っていた白。スーパーなどでよく見かける銘柄です。名前といい、エチケットといいあまり興味をそそられなかったが、最近新世界の白の美味しさに目覚めつつあるので、飲んでみた。

実はこれを飲んだときは鼻水ずるずるで、香りとか正確にとれていません。でも、豪州らしい果実味に溢れたどっしりとした味わいが印象的でした。この花粉症が治まったらまた飲んでみたい。
購入価格はなぞですが、楽天なら1000円以下。安デイリーにはよいかな。

◆受験対策豆知識
オーストラリアの品種表示基準は、その品種が85%以上使用されていればラベルに表記できる。
なので、品種項は“シャルドネ85%以上”としました。
Sileni

【銘柄】Sileni "Cellar Selection" Merlot 2007 / シレーニ “セラーセレクション” メルロ 2007
【種類】Red / 赤
【生産者】Sileni Estates / シレーニ・エステーツ
【地域(国)】Hawke's Bay (New Zealand) / ホークス・ベイ (ニュージーランド)
【品種】メルロ
【購入価格】\1,488(単品価格\1,837)
【購入店】エノテカ
【購入日】 2009/4/1
【評価】★★☆☆☆
【コメント】エノテカ「店長本気でおすすめ6本セット 第38弾」3本目。実は先週飲んだワイン。今さらながらメモです。

当ブログ初となるニュージーランド。オーストラリア大陸を前に霞みがちですが、立派な銘醸地であります。記念すべき1本目はメルロ。新世界らしく強い香りに溢れています。でもそれ以外これといった印象はなく、デイリーらしい味わいでありました。好きな味なんだけど軽すぎる感じが。。。
Montes Alpha Syrah 2006

【銘柄】Montes Alpha Syrah 2006 / モンテス・アルファ・シラー 2006
【種類】Tinto / 赤
【生産者】Montes S.A. / モンテス S.A.
【地域(国)】Colchagua Valley (Chile) / コルチャガ・バレー (チリ)
【品種】シラー90%、カベルネ・ソーヴィニヨン7%、ビオニエ3%
【購入価格】\1,488(単品価格\2,310)
【購入店】エノテカ
【購入日】 2009/4/1
【評価】★★☆☆☆
【コメント】エノテカ「店長本気でおすすめ6本セット 第38弾」2本目。
週末なので、ちょっと美味しそうなワインを飲もうということで、最近ネットで目にする機会が非常に多くなってきたMontesを選択。

シラーを飲むのは久しぶり。黒に近い濃い赤紫がタンニンお化けの様相を呈している。ワインスクールで学んだことを思い出しながら、生肉の香りを探すと、しっかりそこにありました。樽香も十分。
口に含むと思ったよりタンニンタンニンしていない。ちょっと拍子抜け。酸味もしっかり感じられてバランスは良いと思う。でもちょっと軽やか過ぎる気が。。。飲みやすいけれど薄っぺらいかな。2000円越えはぎりぎりのラインだと思う。他の品種も興味あり。
Norton Barrel Select Cabernet Sauvignon 2005

【銘柄】Norton Barrel Select Cabernet Sauvignon 2005 / ノートン・バレル・セレクト カベルネ・ソーヴィニヨン 2005
【種類】Tinto / 赤
【生産者】Bodega Norton / ボデガ・ノートン
【国】Argentina / アルゼンチン
【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン100%
【購入価格】\1,488(単品価格\1,785)
【購入店】エノテカ
【購入日】 2009/4/1
【評価】★★☆☆☆
【コメント】エノテカ「店長本気でおすすめ6本セット 第38弾」から。第36弾で当たりが多かったので購入。
1本目は以前にシャルドネを飲んで美味しかったBodega Norton。

グラスに注いだ瞬間に、鼻を近づけなくても分かる熟した赤系ベリーの香りが溢れる。そしてチョコレートを思わせる甘い樽香。“フレンチオークの新樽で12ヶ月熟成”という売り文句の通り、樽香が際立っている。個人的にはもうちょっと抑えて欲しいところ。
味わいは陽気むんむんで、干しぶどうの皮を口いっぱいに含んでいるかのような感覚。むせ返りそうになる。カベルネ100%にしてはタンニンがちょっと弱いかな。
好みではないので残念ながら二つ星。でもコスパを考えると余裕の三つ星でしょう。
Chateau Lafaye 2006

【銘柄】Chateau Lafaye 2006 / シャトー・ラファイエ 2006
【種類】Rouge / 赤
【原産地】Premieres Cotes de Blaye / プルミエール・コート・ド・ブライエ
【生産者】Chateau Lafaye / シャトー・ラファイエ
【地域(国)】Bordeaux (France) / ボルドー (フランス)
【品種】メルロ80%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%、マルベック5%
【購入価格】\1,163(単品価格\1,449)
【購入店】うきうきワインの玉手箱
【購入日】 2009/3/7
【評価】★★☆☆☆
【コメント】うきうき高級ボルドー赤6本セットの5本目、未だ当たりなし。このシリーズはちょっと諦めてます。

ボルドー右岸のメルロ主体。メルロなら、と淡い期待を抱く。
熟した果実の香りと味わいに溢れており、メルロさ全開といった感じ。ただ、その分タンニンが物足りなく、全体的なバランスでいうと今ひとつ。
ボルドーは混壌が基本だけど、ブドウの出来によって毎年比率を変える理由が分かる気がする。そんなことを考えさせてくれるワインでした。
Chateau de l'Aubrade 2005

【銘柄】Chateau de l'Aubrade 2005 / シャトー・ド・ローブラード 2005
【種類】Rouge / 赤
【原産地】Bordeaux Superieur / ボルドー・シューペリュール
【生産者】Chateau de l'Aubrade / シャトー・ド・ローブラード
【地域(国)】Bordeaux (France) / ボルドー (フランス)
【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン、 カベルネ・フラン
【購入価格】\1,163(単品価格\1,200)
【購入店】うきうきワインの玉手箱
【購入日】 2009/3/7
【評価】★★☆☆☆
【コメント】うきうき高級ボルドー赤6本セットの4本目。ボルドーのシャトーにしてはややコミカルなエチケットに惹かれて月曜夜のお供に決定。

ボルドーといえば黒果実系の香りというイメージ。ところがこれは予想に反しややベリー系の甘い香り。それにチョコレートとささやかな樽香。
味わいは香りと裏腹にタンニンどっしり。舌が痺れるような感覚を久しぶりに味わいました。時間が経つにつれ少しずつまろやかな感じになってきました。美味しいけれどちょっとタンニンがしんどいかな。
Alain Brumont Gascogne Blanc Gros Manseng-Sauvignon 2007

【銘柄】Alain Brumont Gascogne Blanc Gros Manseng-Sauvignon 2007 / アラン・ブリュモン・ガスコーニュ・ルージュ グロ・マンサン-ソーヴィニヨン 2007
【種類】Blanc / 白
【原産地】VdP / ヴァン・ド・ペイ
【生産者】Alain Brumont / アラン・ブリュモン
【地域(国)】Cote de Gascogne (France) / コート・ド・ガスコーニュ (フランス)
【品種】グロ・マンサン50%、ソーヴィニヨン・ブラン50%
【購入価格】\1,323
【購入店】ヴァンサンテ 上野毛
【購入日】 2009/3/10
【評価】★★☆☆☆
【コメント】こちらの生産者の赤は以前に勉強済み。そちらは今ひとつだったので白も同じく期待せず。月曜のやや澱んだ気持ちに合わせてみました。

香りをとってちょっとビックリ。熟した感じの木なり果実、その裏にミネラルや白い花、ハーブ、そしてちょっとオイリーな感じも。味わいも果実味たっぷり。仄かな甘味もあります。
この価格にしては結構お値打ちだと思います。ただ、ちょっと南国味が溢れすぎている感じがして、ちょっと飽きてしまう。個人的には果実ギッシリより酸味がキリッの方が好きです。
Chateau Lansade 2006

【銘柄】Chateau Lansade 2006 / シャトー・ランサード 2006
【種類】Rouge / 赤
【原産地】Bordeaux Superieur / ボルドー・シューペリュール
【生産者】Chateau Lansade / シャトー・ランサード
【地域(国)】Bordeaux (France) / ボルドー (フランス)
【品種】メルロ49%、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、 カベルネ・フラン16%
【購入価格】\1,163(単品価格\1,134)
【購入店】うきうきワインの玉手箱
【購入日】 2009/3/7
【評価】★★☆☆☆
【コメント】うきうき高級ボルドー赤6本セットの2本目。1本目が残念な結果だったので、あまり期待せずに抜栓。
メルロの比率が高いせいか滑らかな舌触りと、控えめなタンニンが印象的。昨日美味しいワインを飲みまくったためか、どうしても比較してしまう。それでも健闘しているなと感じたので星2つ進呈です。
セットなのにあまりお得とは思えない(というかお得ではない)価格ながら、コスパの良い1本だと思います。
Escudo Rojo Chardonnay 2007

【銘柄】Escudo Rojo Chardonnay 2007 / エスクード・ロホ シャルドネ 2007
【種類】Blanco / 白
【生産者】Baron Philippe de Rothschild / バロン・フィリップ・ド・ロートシルト
【地域(国)】Maipo Valley (Chile) / マイポ・ヴァレー (チリ)
【品種】シャルドネ100%
【購入価格】\1,487(単品価格\2,688)
【購入店】エノテカ
【購入日】 2009/2/10
【評価】★★☆☆☆
【コメント】「店長本気でおすすめ6本セット 第36弾」4本目。
こちらの赤は以前に飲んだことあり。
2007年と若いこともあって緑のニュアンスが強いレモンイエロー。熟した洋ナシやマンゴー、トロピカルフルーツといった、とてもフルーティな香り満載。太陽が燦々と降り注いでいる光景を想像させる。でもその裏にしっかりとしたミネラルの香りが隠れている。
酸味が強いけれど、ほのかな甘味がそれを和らげてくれる。思ったより甘くないのでアルコールが高そうな予感が。しっかり14.5%ですね。

それほど美味しいとは感じないけれど、私のイメージのチリ白よりは美味しいと感じました。南方の白って美味しくなさそうな感じなので。。。

こういう白を飲むようになったのもワインスクールの影響ですね。以前は白など見向きもしなかったのに、最近は白に対して免疫ができて、味について偉そうに意見することができるようになりました。

今日、豪州の白を買ったので、それを飲むのも楽しみです。

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。