少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン (講談社+α新書)死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン (講談社+α新書)
(2008/07/18)
山本 昭彦

商品詳細を見る


いつ買ったんだっけ?気がついたら未読本の山に埋もれていた一冊。先日のシャンパーニュセミナーの影響から手に取ってみる。

本書を単なるシャンパーニュの紹介本と思うべからず(ちょっと弾言風)。タイトルにある30本の紹介は最後にあるが、それに割かれたページ数は230ページ中80ページ程度。その紹介に行き着くまでに150ページの間、シャンパーニュとは何か、ということについて書かれている。
シャンパーニュの魅力、生産方法、未亡人伝説、都市伝説、美味しい飲み方。先日のセミナーで学んだことが随所に登場し、なかなかに楽しい。格付けについての説明もちゃんとあって満足。
美味しい飲み方の章では、フルートグラス脱却のすすめ、飲み頃温度の説明があり、なんとなく常識と思っていることが覆されると共に、より美味しい飲み方が提唱されている。これはセミナーで学んだ内容とほぼ一致していた。ということは、これこそ業界の常識なんだろうな~と思う。
気になるその飲み方とは。。。本書を読んで是非確認して頂きたい!

気になる30本は「飲まずに死ぬと後悔する10本」「一生に1度は飲みたい10本」「1年に1度は飲みたい10本」に分けられている。ちょっと分かりづらいが「飲まずに死ぬと後悔する10本」が一番オススメのようで、驚いたことに私は既にその中の4本を飲んでおりました。もちろん自分で購入したことは無し(おいおい)。全てご相伴にあずかったものでした。私はワイン仲間に恵まれていると思わざるを得ない。幸せ者です。

ちなみに著者はジャック・セロスをことのほか敬愛しているようで、創設者ジャック・セロスならびに二代目アンセルム・セロスの名前が至るところに登場する。私も二度ばかり飲んだことがあり(残念ながら1回目は泥酔していたため香りの記憶すら無し。リベンジの2度目は香りと味わいをしっかり楽しめた)、非常に美味しいシャンパーニュだった。本書の影響を多分に受けていることも含めて、死ぬ前にもう一度飲みたいと思うのはジャック・セロスだな~。

ということで、タイトルだけをみるとやや軽薄な印象を受けるが、シャンパーニュの新しい側面と、美味しい側面を教えてくれる一つの参考書としてオススメできます。本書で紹介されているものを飲んだ時は、また読み返してみたい。


余談ですが、なぜタイトルは「シャンパーニュ」ではなく「シャンパン」なのか。一般受けしやすいからだと思うけど、シャンパーニュっていうのはちょっとキザなのかな。この単語だけ英語読みするのも違和感があるので、もしシャンパンというのであれば、「ブルゴーニュ」ではなく「バーガンディ」というべきではないかと、つまらないことを考えてみる。
ちなみに私は恥ずかし気もなく「シャンパーニュ」と言います。会社の人に白い目でみられても「シャンパーニュ」。シャンパンでよろしいですか?と聞かれても「シャンパーニュ」。メニューにカヴァだって書いてあるのに気がつかず「シャンパーニュ」。。。だってシャンパンってすごく安っぽい発音なので、逆に恥ずかしくて口に出せません。
しかし、よくよく考えてみると、そこまでフランス語に拘るのであれば「ワイン」のことを「ヴァン」と言わなくてはならず、自分も矛盾していることに気がつく。そしてホントにつまらないことを考えてしまったと反省する。

つまらないことついでに、ソーテルヌの極上貴腐ワイン「イケム」のことを「ディケム」と言うのも気になる。イケムの正式名称は「Chateau d'Yquem」。これは「Chateau de Yquem」がエリジオンしたもの(エリジオンについてはこちら)。もし「ディケム」と言うのであればフルで「シャトー・ディケム」と言わなくてはいけないのではないかと。シャトーを抜くのであれば「イケム」と言わなくてはならないのではないかと。ホントにホントにつまらないことを考えてしまった。
スポンサーサイト
僕がワイナリーをつくった理由僕がワイナリーをつくった理由
(2009/06/19)
落 希一郎

商品詳細を見る


成毛眞氏の本にて紹介されていた一冊。相変わらず成毛氏の紹介する本は外さない。
カテゴリーとしてワインとするか、ビジネスとするか、または自己啓発とするか悩んだけれど、結果的にワインに分類。正しくはビジネスになると思うが、そんなことを悩んでしまうくらい濃い内容であった。

新潟にあるワイナリー「カーブドッチ」のオーナーである落氏による、立ち上げから発展を描いた半自伝的な内容。
著作を発表されているくらいなので、現在ワイナリーは大きく発展を遂げているが、本書は単なる成功譚では終わらない。落氏が本書で訴えたいことは、生産地詐称ともとれるワインが堂々と罷り通っている、日本産ワインに対する危惧です。
海外から輸入したブドウ果汁を国内で樽またはタンクで発酵させて造ったワイン、または直接ワインの液体を輸入して瓶詰めしたワインは、国産ワインと名乗れるのが日本の現状。この事実は意外と知られていない。私も2年くらい前に何かの本で知った時には驚いたもので、それ以来スーパーなどに並んでいる国産ワインを購入することはなくなった。
日本にはフランスのAOC(原産地呼称制度)の様な法が無いため、生産地に関する記載義務などはもちろん無い(一部自治体では独自で導入する動きはあるらしい)。そのため上記のような詐欺紛いのワインが堂々と売られている。食材などは生産地表示義務(最近では農家まで記載されているものがあるほど)があるのに、ワインはなぜないのか?まぁそんな気にするほどのことではない、と考えているのが今の政府でしょう。
だからといって政府に訴えたところで、大手企業が参入していることでもあるし、問題が発生しているわけでもないので、動かすことはできないでしょう。

そこで、落氏は「日本ワイン醸造家協議会」(仮称)なるものを立ち上げ、輸入したワイン・果汁を一切使用しない純粋な国産ワインを造ろうという動きを始めるようです。これは楽しみです。国産ワインのアイデンティティが確立されることになれば、新規参入のワイナリーも多くなるかもしれません。既に落氏は後継者育成として、ワイナリー経営塾を開講し、醸造家を世に送り出している。素晴らしい活動だと思う。
次回新潟へ行く際にはカーブドッチに足を運びたいと思う。レストランもあるようなので。

ところで、上記の協議会は2009年5月立ち上げ予定のようですがググっても引っかからない。名称は何に決まったのでしょうかね?
シャンパンの教えシャンパンの教え
(1997/09)
葉山 考太郎

商品詳細を見る


当ブログでお馴染みの葉山氏の著書。残念ながら本書は絶版状態のため入手困難なのです。中古ならamazonで購入可能ですが、プレミアム価格のためちょっと手が出ない。もちろん近所の古本屋には置いていない。
そこで入手するのは半ば諦めていたのですが、葉山氏とのワイン会で偶然(確信?)見つけてしまったので、強引にお借りしてしまいました。(葉山先生ありがとうございます)

構成はワイン道と同じで、本文と注釈(余談)が上下段に分かれている。
本文を外れて余談で感心してしまうこともあり、雑学知識的なところに目が行ってしまう私としては、なかなか読み進められない。

通っぽくみせるシャンパンの飲み方から、シャンパンの製造方法、ジェームズ・ボンド、世界のシャンパン、オススメシャンパンとまさに泡づくし。
シャンパンについての知識が一層深まること間違いなしだが、おかしなことに宝塚や歌舞伎の知識もついてくる不思議な本。

エセ、ホンモノ問わずワイン通なら本書を読んだ直後はシャンパンを買いに行ってしまうと思う。私は早速ワインショップを見に行ってしまいました。今までシャンパンコーナーに足を運ぶことはなかったですからね。
これからの季節、シャンパンはまさにうってつけ。新しいものにどんどん食指が伸びています。


堅苦しくないフランクなシャンパン専門書として是非手元に置いておきたい。
再版を切望します。
思わず人に話したくなる クイズでワイン通思わず人に話したくなる クイズでワイン通
(2008/07/30)
葉山 考太郎

商品詳細を見る


昨日の修了パーティでお会いした葉山氏の著書。大分前に購入したものですが、ワインスクールの刺激もあって再び読み始め、夜寝る前の読み物として楽しんでいました。折良く先週読み終えたのでご紹介。

タイトルを読んでお分かりの通り、やや雑学的要素の強いワインのクイズ本です。
シャンパンのボトルが凹んでいる理由は?ボルドーのボトルの特徴は?といった入門編から、高級シャンパン「サロン」がユニークといわれているわけは?毎年ラベルの絵が変わるムートンで2種類のラベルが存在するのは何年?といった難解な問題まで。

ワインを飲み始めたばかりの方から既にワイン通の方まで、試験対策とはひと味違ったワインの問題を楽しめると思います。中には試験に役立つであろう思われる問題も含まれており勉強になります。
もちろん回答だけが記載されているだけでなく、葉山節?も健在で余談やこぼれ話も交えながらなので、新しい発見も多く楽しみながら読めます。

今改めて問題を読み返してみると、昨日感動しまくったスペインのウニコにまつわる問題も掲載されていました。

ウニコなんて知らない、と宣っておりましたが、しっかり勉強していたのですね。。。知ったかぶりでもまだワイン通は名乗れないみたいです。

一問一答形式なので短時間でも楽しめるので、トイレやベッドサイドに置いておきたい一冊です。
ワイン物語〈上〉―芳醇な味と香りの世界史 (平凡社ライブラリー)ワイン物語〈上〉―芳醇な味と香りの世界史 (平凡社ライブラリー)
(2008/02)
ヒュー ジョンソン小林 章夫

商品詳細を見る


最近読書の更新してないな~、と思っていたらそれもそのはず。強敵を読んでおりました。
上中下の三巻ものなので、時間がかかるとは予想していたけれどここまでとは。小説ではないので各ページ文字ビッシリ。疲れました。

ストーリーは単純明快。ワインの起源から近代までその歴史を物語ったもの。冒頭で著者がこれは歴史ではなく物語である、みたいなことを語っているが、残念ながら私にとっては歴史でした。
物語と呼ぶにはあまりにもストーリーがありません。

“物語”の内容を挙げていったら切りがないので感想を述べると、まず本書を読む前に世界史の知識が必要であり、さらには欧州~北アフリカ~中近東にかけての地理を把握していなければならない。
なぜなら、ワインが誰々によって(もしくはどこどこの戦争によって)ほにゃららの土地に広まっていった、みたいな記述に対し、歴史・地理の知識無くして理解不能。

数ページ読んでその重大な事実に気が付いた私は、呆然としながらも中高で学んだ知識を記憶の片隅から必死に引き上げる作業に注力するのでした。

結論から申し上げれば、本書はワインの歴史を奥深く知りたい方にのみオススメできるのではないかと。歴史におけるワインの役割や、その変遷は読み応えはあるけれども、話が長すぎました。

これくらいのボリュームの本をさらっと読めるくらいの読書力があればいいなと思います。せめて一週間で概要を掴むことができれば本書を読む価値があるかと。2~3週間かけて得られる知識はそこまででもありません。ある意味専門書の域のような気もする。
ワインをめぐる小さな冒険 (新潮新書)ワインをめぐる小さな冒険 (新潮新書)
(2007/11)
柴田 光滋

商品詳細を見る


最近読みあさっているワイン本。新書なので内容は薄っぺらいかなと思いつつも通勤中に読むにはもってこいなので購入。

“小さな冒険”とあるように、どちらかというと廉価ワイン、ニューワールドに的を絞った、有名ではないけれどそこそこ、というワインを楽しむ旅に出られます。
著者のテイスティングノートの引用を交えつつ、美味しいワインを紹介してるですが、参考になるのはワインばかりではなく、そのテイスティングノートの記述内容。なかなかテイスティングノートの内容というものは見ることができないのではないでしょうか。色、香り、味わいの表現方法について勉強になります。

専門書には負けるかもしれませんが、新書の内容としては上々かと。フランス以外のワイン、特にオーストラリアのワインが飲みたくなります。

ただ、おすすめワインを紹介する際は生産者と銘柄を羅列しているだけ、という感じなので表などにして一覧にして欲しいと思いました。
エリゼ宮の食卓―その饗宴と美食外交 (新潮文庫)エリゼ宮の食卓―その饗宴と美食外交 (新潮文庫)
(2001/05)
西川 恵

商品詳細を見る


美食文化の総本山といっても過言ではないフランスにおける国賓・公賓を招いての饗宴。
その内容はまさに豪華絢爛。しかし、格式と階級を重んじるフランスの文化は、賓客によって料理のランクをあからさまに変えます。
英国女王、米大統領、独首相、日首相、天皇陛下。。。など様々な賓客に対し、その時どのような料理を、そしてどのようなワインを供したのか?

本書では、その時その時の料理のメニューと供したワインの銘柄を記載し、それがその賓客に対してどのような意味を持つのかを分析した一冊。
最上級のもてなしでは特級のワインを、その反面、一部の賓客には格付けすらないワインを平気で供す。恐ろしやフランス。。。

フランス料理のメニューを読んでもいまいちピンとこないが、ワインリストを見ると目を見張るような銘柄がゾロゾロ出てくる。
フランスの饗宴とはどのようなものかを知るにはもってこいです。

天皇陛下を国賓として迎えた時の話があり、その内容は心温まるものがありました。
ワイン完全ガイドワイン完全ガイド
(2009/01/17)
君嶋哲至

商品詳細を見る


最近本屋に行くと必ず立ち寄るのが料理・お酒コーナー。内容がマイナーなだけに書店によって置いてある本がバラバラで、書店毎に何冊かは新しい発見がある。本書はそんな本ブラ(本屋でブラブラ)している時に見かけた一冊。

平積みされていたので目に入ったが、どこの本屋にでも置いてありそうなタイトルだし、この手の「完全」とか銘打っている本に限って内容が浅い、という先入観からスルー。他の本を物色して面白そうなものがなかったので何気なく手にとってみて驚いた。
古い本(もしくは改版もの)だろうなと思っていたら、2009年1月発売ではないですか。内容も新しく、面白そうだったので購入。


じっくり読んでみると、この本凄いです。「完全ガイド」は伊達じゃない。
タイトルから推測できるように、よくある初心者向けの本なのですが、品種、製造法については結構突っ込んだことが書かれているし、さらに突っ込んでMLF、ビオ・ディナミ、フィロキセラについてまで書かれている。

これはかなり良書であると思う。
まず内容が多岐に渡っていること。紹介されているワインの種類が多く、価格がピンキリであること。写真付きであること。全頁フルカラーであること。そして、価格が\1,500であること。(余談ですが、\1,500という価格は安いということの他に、amazonでは1冊で送料無料になるというブレイクラインになります。ここまで計算しての価格か!?)

生産地別の地図もあるので(簡易なものですが)、手元に置いておけばワインを飲む時に参考になると思います。
買って損はしない。ワイン初心者には超オススメです!


一点気になったのが、紹介されているワインについての著者の色の表現。
赤ワインの色の表現にガーネット、ルビー(ルビーレッド)という言葉を多用しています。スクールでは、色の表現は万人(世界中の人)に通用するものでなければならず、ガーネット、ルビーのように絶対的な基準がないものは避けるべし、と教えられました。
初心者向けの本ではあるし、著者は私なんか及びもつかない識者ですし、そもそも私は単なる受け売りなのですが、敢えて言わせて頂ければガーネットとかルビーとかいわれても分からない。

参考までに宝石の色を見て下さい↓↓
【ガーネット】http://www.gemstone.org/gem-by-gem/japanese/garnet.html
【ルビー】http://www.gemstone.org/gem-by-gem/japanese/ruby.html

ややガーネットの方が色味が濃いですけどね。。。


「神の雫」の影響なのでしょうか。
聞こえは良いし、濃い赤とか薄い赤とか言うよりスマートでカッコイイですけど、みんなが言い始めたら気持ち悪いです。


そんなに熱く語ることでもないのですが、なぜここまで追求するのかと言いますと、正直申し上げればガーネットが何なのか知らず、色が分からなかったって話なんです。
先ほどネットで調べて宝石と知るまで花の名前だと思ってました。。。


私みたいな人がまだいるかもしれませんので、やっぱり色で表現して下さい。
ワインの自由ワインの自由
(1998/10)
堀 賢一

商品詳細を見る

ワインの個性ワインの個性
(2007/02/10)
堀 賢一

商品詳細を見る


年末にワインに関する本を読みあさっていて、ワインスクールに行く気にさせてくれた2冊。

『自由』は、ワインの歴史、ワインの変遷、ワインについての一般知識など、基本的なことから丁寧に解説されている。特に一般に流布している俗説(テロワールについての議論など)の真偽に対する意見などが多く、勉強になる。先日ご紹介した葉山氏とは対照的に真面目なお話し(葉山氏ももちろん内容は真面目なんですけどね)。
ワインの知識無しに読むには少々しんどいかもしれないが、ワインというモノを深く知ることはできる。

『個性』は続編的な位置づけだが、『自由』に較べて内容はやや専門的。世界中にあるワインそれぞれの個性を、地質・造り手・歴史など様々な観点から解説している。
フランス以外のワインについてほとんど知識がない私には少々早い内容だったが、ニューワールドのことを少し知った気がします。
これからはニューワールドのワインも積極的に飲んでいこう。
ワイン道ワイン道
(1996/11)
葉山 考太郎

商品詳細を見る


またまたワイン本。著者はこれまた葉山孝太郎氏。氏の本は文章が平易で専門的な言葉が少なく読みやすく(面白く)、ワインを楽しませてくれる。

「ワイン道」としかつめらしい題名だが、表紙の絵を見て頂ければ分かるように極めてお軽い。
内容はワインの蘊蓄本。。。というよりはどんな蘊蓄をたれればワイン通っぽくみられるか、と言った感じ。ワイン通よりはワイン通っぽくみられたい人にターゲットを絞っている。
これ一冊読んでレストランなどに行けばそれなりに通っぽい感じにみられるでしょう。

もちろん真面目な内容も豊富だが、小難しい話は一切無く、ワインを楽しく面白くさせてくれる一冊です。

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。