少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bersano Barolo Riserva 2001

【銘柄】BS Bersano Barolo Riserva 2001 / BS ベルサーノ バローロ・リゼルヴァ 2001
【種類】Rosso / 赤
【生産者】Bersano / ベルサーノ
【原産地】Barolo (DOCG) / バローロ
【地域(国)】Piemonte (Italia) / ピエモンテ (イタリア)
【品種】ネッビオーロ
【価格】\8,820 (トラットリア ロアジ
【飲んだ日】 2009/4/28
【評価】★★★★★
【コメント】失意の内に幕を閉じたまたはち家晩餐会
頂いたバローロは余裕の五つ星だったので掲載。

ネットで同じワインを検索して驚いたのが価格。お店で頂いたのに、購入価格と比較してほとんどマージンが取られていません。なんて良心的なお店でしょうか。

ちなみに「リゼルヴァ」とは、イタリアのワイン法では5年以上の樽熟成に加え、2年の瓶内熟成を経たワインが名乗ることができるそうです。(受験対策に関連して押さえておきます)
スポンサーサイト
先のエントリにて初の五つ星を認定しましたが、今さらながらこれも五つ星だなということで掲載します。

Vega-Sicilia

【銘柄】Vega-Sicilia "UNICO" 1990 / ヴェガ・シシリア ウニコ 1990
【種類】Tinto / 赤
【原産地】Ribera del Duero / リベラ・デル・デュエロ
【生産者】Bodegas Vega Sicilia / ボデガス・ベガ・シシリア
【国】Espana / スペイン
【品種】テンプラニーリョ
【購入価格】オークションにて落札
【購入店】ADV
【購入日】 2009/3/21
【評価】★★★★★
【コメント】こちらの酔いに酔いまくったコメントでお楽しみ下さい。
Chateau Haut Veyrac 2001

【銘柄】Chateau Haut Veyrac Saint-Emilion Grand Cru 2001 / シャトー・オー・ヴェイラック サンテミリオン・グランクリュ 2001
【種類】Rouge / 赤
【原産地】Saint-Emilion Grand Cru / サンテミリオン・グランクリュ
【生産者】Chateau Haut Veyrac / シャトー・オー・ヴェイラック
【地域(国)】Bordeaux (France) / ボルドー (フランス)
【品種】メルロ約75%、カベルネ・ソーヴィニヨン約25%
【購入価格】\3,980
【購入店】ヴィノスやまざき 有楽町店
【購入日】 2009/2/10
【評価】★★★★★
【コメント】テポドン襲来に備え、思い残すことは少しでも無くそうと考えお楽しみワインを抜栓。
ヴィノスやまざき有楽町店のテイスティングバーで飲んだ時に美味しかったので購入したもの。

まだまだ短いワイン歴ながらも、名前を聞いただけでちょっとテンションが上がるのがボルドー右岸。最近お気に入りのメルロが主体、というのがその理由。その中でもサンテミリオン、ポムロールは滅多に飲まないので憧れの感が強い。というかポムロールは飲んだことがない。
当ブログでもサンテミリオンは初ですね。

やや古めのヴィンテージだけあって、茶色がかった赤色が熟成を感じさせる。若いものばかり飲んでいるのでメルロは鮮やかな赤色の印象が強い。経験のない世界への期待感が膨らむ。

一通り色を楽しんだ後に、いよいよ香りをとってみる。(ここら辺いつもより丁寧です)


・・・


お待ちしておりました、貴方のようなワインを。と呟きそうになりました。


未熟な赤系ベリー、腐葉土、トリュフ、なめし革、スパイス、チョコレートなど様々な香りが息をひそめている。主張してくる、というよりは上品に控えているような印象。香りだけでチーズ1ブロック楽しめそうだ。

口に含むと、果実味とともに酸味としっかりしたタンニンが感じられる。そこに息を吹き込んでやると、まるで蕾が開くかのように香りが溢れてくる。これがまた複雑で濃厚なため、新しい空気を吸い込まないと落ち着かない。
余韻も長く、気持ちの切り替えができないので、しばし恍惚とする。スケールの大きいワインとはこういうのなんだろうな。

久しぶりに酒に酔いました。


ここまで書いたことからお分かりのように、かなり美味しいワインでした。当ブログの中ではやや高価ではありますが、これだけ楽しめれば十分。いつ出るのだろうかと疑問に思っていた五つ星に認定です。

テイスティングをしたときはまあまあかなと思っていましたが、その時にこのボトルを購入しようと決めた自分を褒めたい。自分偉い!

初めてもう少し熟成させたときの味わいを知りたくなるワインでした。売れ残りがあったら買ってみて1~2年後にもう一度飲みたい。

ちなみにゴルゴンゾーラとクラッカーを肴に飲んだところなかなか相性は良かったです。
惜しむらくは、しっかりした料理と共に楽しんでみたかったというところでしょうか。次回抜栓する機会があったら是非料理と共に楽しみたい。

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。