少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊 ダイヤモンド 2008年 2/9号 [雑誌]週刊 ダイヤモンド 2008年 2/9号 [雑誌]
(2008/02/04)
不明

商品詳細を見る

やっと購入しました。
御多分に漏れず自己分析をしてみたところV字の受け流し型でした。ちなみに詳細は以下の通り。

④受け流し型
物知りで人ともよく接しますが、話が分かりにくいタイプです。獲得した情報をそのまま他人に伝えるため個性や独自性もありません

冗談ではなく当てはまっているのが驚きです。実は最近悩んでいることに、人と話す時に論理的な組み立てができないことがあります。話が前後したり、補足が多かったりと、相手の顔にはありありと?マークが浮かんでいたりします。
また、ブログを書いていてもこのことは痛感します。自分で書いていてもわかりにくい、個性が無い、独自性が薄い。これらは次の日に記事を読み直すと気がつくことが多い。

ま、折角弱点を指摘されたので、当てはまらなかった質問事項について少し考えてみよう。

・出張の飛行機の中ではお酒を飲まない
以前はタダ酒とばかりに飲んでいましたが、今の私であれば読書に回すと思います。実践しよう。

・気づいたことはすぐにメモを取る
できそうでできない。スーツの内ポケットにはいつもメモ帳を忍ばせているのですが、書く機会が少ない上に、書いても見ることがない。改善しよう。

・名刺はきちんと管理し、いつでも取り出せる
よく会う顧客の名刺だけ持ち歩いていますが、ほとんどが名刺ファイルの中にランダム収納。名刺管理ソフトを購入を検討する。もしくは、時系列管理などにシフトしよう。


記事全体についてはそんなに目新しい情報はありませんでしたが、以下の記事は興味津々。

・マッキンゼーで教わった情報整理の「イロハのイ」
「空・雨・傘理論」「MECE」。これってマッキンゼーの本を買えば詳細について書かれているのだろうか。それこそググってみたが「空・雨・傘理論」についての情報はほとんど無い。とりあえずMECE関連の書籍を購入してみようかな。


全体を通しての感想としては、上記内容が手に入った(分かった)だけで満足。買ってよかった。
「空・雨・傘理論」「MECE」は今の私の悩みを解決する糸口になりそうなので、もうちょっと深く勉強していこう。

スポンサーサイト
Newton (ニュートン) 2008年 03月号 [雑誌]Newton (ニュートン) 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/01/26)
不明

商品詳細を見る

天才たちが愛した美しい数式を読んで以来、アインシュタインやニュートンが脳を支配しています。相対性理論が何となく分かると、もうちょっと追求していきたくなるのはしょうがないこと。本書を本屋で見かけた瞬間に即買いです。

ブラックホールとホワイトホールをつなぐワームホールの存在、5次元空間はどこにあるのか、宇宙は誕生当時10次元の時空だった、別宇宙の存在。。。

最先端物理学で議論されている内容は、私が想像することすら難しい世界でした。宇宙についての議論は今後何十年何百年と続いていくと思われますが、この未知かつ深淵な世界に踏み込んでいく科学者達の探求心を見習いたいものです。

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。