少々お酒を聞こし召し候

大好きなワインの話題をメインに、読書や趣味に走りまくった備忘録。今宵も少々お酒を聞こし召し候。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キリマンジャロの雪が消えていく―アフリカ環境報告 (岩波新書)キリマンジャロの雪が消えていく―アフリカ環境報告 (岩波新書)
(2009/09)
石 弘之

商品詳細を見る


成毛氏のブログ(http://d.hatena.ne.jp/founder/20091202/1259707620)にて書評が掲載されているのをみて購入。

高校生の頃に読んだ松本人志の「遺書」に、次のようなニュアンスの記述があった。
“貧しいアフリカの人たちを救えというようなことがよく叫ばれているが、自分らで勝手に子供を沢山つくって、そして食糧が足りなくなって助けてくれっておかしくないだろうか?”
手元に著書がないため必ずしも正確な記述ではないが、16,7歳の頃の私は松本氏の意見にそうだそうだ、と思ったものだ。まだ若かったとはいえ、物事を安直に考えていたものだとちょっと反省。

さて、なぜ反省をしているかというと、自分自身アフリカの事情というものをまるで理解していないのに、同じくアフリカの状況をあまり理解していないであろう方の意見を、疑いもなく愚直に受け止めたことにです。
本書「キリマンジャロの雪が消えていく」を読むと、アフリカの事情というものが、実に簡潔に端的に書かれている。
人口爆発、環境問題、宗教問題、政策問題、教育問題。。。世界にある問題の縮図かと思うほど、問題だらけだ。
その根本の原因は何かというと、教育にあるように思う。教育とは即ち政策や宗教にも絡んでくるので、それぞれの問題の原因はリンクしていると思うのだけれど、何を語るにしても教育なくして、革命はあり得ない(革命はちょっと大袈裟な表現ですが)。

教育を受ける権利というのは二重の意味での権利だといわれていますが、それは、教育を受けることにより、文字を読むことができ、自分の考えが持てるようになり、選挙などへの参政権を正しく行使できるようになる、ということです。
日本にいると義務で教育を受けることができるので、文字を読めるのは当たり前、政治がどういうものか、歴史とは何なのか、道徳とは何か、漠然とでも知ることができる。そして、それが無意識のうちに当たり前になっている。
そういう当たり前の世界にいると、自分とは違う当たり前と思っていることが当たり前ではない世界のことなんて、理解ができなくなってしまうのでしょう。

アフリカで起こっている人口爆発の問題は、宗教的側面が非常に強いものだが、それを押し返すだけの力をもつための教育レベルに至っていないのも大きな原因だ。宗教と教育は紙一重な気もするけれど、宗教は何かを選択する時の判断基準になるだけだが、教育は判断をするための基軸を育むものだ。

アフリカの事情を哀れむでも、切り捨てるでもなく、援助するだけでもなく、どのように教育していくかが重要なんだと思う。FGM(知らなければググってね)が未だに行われていることや、妊産婦の死亡率が世界でも突出していることの原因は、いかに閉鎖的社会で、いかに無知であるかということを物語っているような気がしてならない。

飢えている子を助けることも大事だが、そのような子を作らない、作らせない社会を築かなければ、アフリカは数十年後も同じ問題を抱え、多数の死者を出し続けることになると思う。そのために、先進国人として何ができるかを考えていきたい。

先進国人という言い方はおこがましいと思うが、アフリカ諸国に比べてダントツに裕福な日本だ。同情心からと思われてもしょうがないのかもしれないが、グローバル化した社会で、未だに何事も他国のことだからと口先だけで済ますことはできなくなってきている気がするのです。
スポンサーサイト
世界一身近な世界経済入門 (幻冬舎新書)世界一身近な世界経済入門 (幻冬舎新書)
(2007/11)
門倉 貴史

商品詳細を見る


去年の秋頃から様々な物価の上昇がみられますが、それらの原因は何でしょうか?
筆者曰く、原因の9割は「新興国の台頭」。BRICsを筆頭に30億人を超える人々が消費を拡大し始めたのである。
原油、マグロ、カップ麺、チーズ、オレンジジュース。。。これらの値段が上昇する背景。まさに「世界一身近」な話題を中心に世界経済の動きを学ぶことができる。
経済というとちょっと構えてしまうが、「入門」と付くだけあって理解しやすい。いや、「理解する」ような大袈裟な内容ではなく、「そのまんま」といった感じか。経済アレルギーの方でもすんなり読めると思います。
日経の読み方が変わりそうです。

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
(2007/09/14)
吉本 佳生

商品詳細を見る


言わずと知れたベストセラー。アマゾンで何となく購入。
なぜ同じものでも値段が違うのか。物の値段の決まり方について、身近な商品を例に解説してくれます。経済学の入門書といった感じで、要は値段というのはあらゆるコストの結果に決まるものである、という至極もっともな結論に至ります。そのコストにはどのようなものがあるか、というのを知りたければ買う価値ありかなと思います。ただ、図表を多く使用して説明していますが、その図表が直感的に理解できるものではなく、また図中に文字も多くて分かりづらかったです。

余談ですが、先日勝間さんの講演会でグーグル化の表紙には特殊な加工が施されているというお話しがありました。本書も表紙に特殊なインクが使用されていることをみると、ベストセラーにするためにはこういった要素も大事なんだなということを改めて感じました。

またはち

Author:またはち
趣味は広く深くがモットー。でも下手の横好きばかりで全てが中途半端。。。熱しやすく冷めやすすぎ。打ち込み続けることができる趣味が欲しいところです。
最近はTwitterメインで更新をサボってます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。